読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職時に大事な退職の手続き、さて退職の意思表示には退職願が必要?

転職するには、まずは今所属する会社を退職しないといけないですよね。「立つ鳥跡を濁さず」ではないですが、今後のことを考えると、円満退職が望ましいもの、そんな退職の意思表示には所謂「退職願」が必要なのでしょうか?

民法の契約に関する条文によると、契約は必ずしも文書を必要としないで口頭によるものであっても真意の意思表示であれば契約は「有効」とされています。

ということは、退職に関しても真意の意思表示であれば退職の申し出を口頭で行うことも可能であり、会社側も口頭で了承しても退職は成立します。

ただし、私の時もそうでしたが退職時はトラブルに発展しやすいのも事実。

そこで辞める、やっぱり辞めない、ともめること嫌がる会社側は「退職願」のような形式の書面を求めるのです。

最近では、退職時にセキュリティー関係の守秘義務契約を交わす会社や、保険や年金などの社会保険に関する手続きをどうするのかについての書面を交わす会社もあるようですね。

就職活動で苦戦している影響はPR能力かもしれない?心当たりある方はぜひ【PR能力検定講座】を!